清流櫛田川上流に位置する松阪市飯高町は四季折々の美しい山々に囲まれた自然あふれる地域です。その飯高町の中でも地質に恵まれた波瀬地域は特に杉・桧の産地となっています。

当社においても波瀬地域を中心に約1,000haの社有林があり、初代・沖中由松が奈良県から移住し、吉野地方の林業手法を用いて明治11年に創業。以降自社で植林、枝打ち、間伐といった撫育を隈なく行っており、樹齢100年超の杉・桧を育て、住宅、社寺仏閣等に使用いただいております。

少しでも多くの人に木の良さを知ってもらい、木の魅力に共感していただきたいという想いで山づくりを行っております。

会社情報

社名  沖中造林株式会社
代表  代表取締役 沖中由治
本社  〒515-1725
    三重県松阪市飯高町波瀬219番地
    [google map]
    TEL 0598-47-0003
    FAX 0598-47-0023
創業  明治11年
設立  昭和50年9月6日
資本金 1,200万円

代表取締役 沖中由治

事業内容

  • 木材の育林、造林、伐採から搬出に至る素材生産
  • 駐車場経営(松阪市朝日町一区)
  • 山林所有者の除伐及び間伐等の受託(集約施業)

企業理念

  1. 山・自然を守る
    1級河川「櫛田川」上流にて林業を営むことで、水源地としての高い意識を持ち、自 然界の環境に配慮した山づくりを行います。
  2. 伝統の継承
    先人たちから引き継がれている当社独自の林業手法の伝統を重んじ、時代に合った挑戦を行うことで、可能性を広げ、次の世代へと継承していきます。
  3. 社員の安全と健康第一
    社員の安全と健康を第一に考えた作業システムを構築し、個性を尊重し、皆がやる気と活力に満ち溢れるような林業会社を目指し続けます。
  4. 地域社会への貢献
    地元の方々に愛され、山村地域の活性と発展に貢献いたします。

プロモーションムービー

PAGE TOP